ビソプロロール フマル 酸。 ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「サワイ」

ビソプロロールフマル酸塩錠は心不全に効く?副作用も解説!

フマル 酸 ビソプロロール

製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 慢性心不全の場合、高度徐脈を来した場合には、本剤を減量し、また、これら症状が安定化するまで本剤を増量しない。 脈拍が減少するため血液の回りが遅くなり、体中に酸素が行き渡らなくなります。 もし仮に副作用がひどい場合には、必ず医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

5mgから開始することに留意した上で,各疾患の指標となる血圧や心拍数,症状等に応じ,開始用量を設定すること。 97 ]。

ビソプロロール:メインテート

フマル 酸 ビソプロロール

出典 [ ]• 車の運転や機械を操作する時には注意して下さい。

服用回数は、通常1日1回だけです。 Yuji Horikiri, Takehiko Suzuki, Masakazu Mizobe March 1998. そのため、心臓に副作用を及ぼすことがあります。

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

フマル 酸 ビソプロロール

25~5mgを経口投与する。

19
また,患者の本剤に対する反応性により,維持量は適宜増減するが,最高投与量は1日1回5mgを超えないこと。

ビソプロロールフマル酸塩錠2.5mg「JG」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フマル 酸 ビソプロロール

なお,年齢,症状により適宜増減するが,最高投与量は1日1回5mgを超えないこと。

17
慢性心不全の場合、2週間以上休薬した後、投与を再開する場合には、「用法・用量」の項に従って、低用量から開始し、段階的に増量する。

カルベジロールの効果と副作用は?ビソプロロールとの違い

フマル 酸 ビソプロロール

Molecular pharmacology 35 3 : 295—303. 非代償性の心不全患者[心収縮力抑制作用により,心不全が悪化するおそれがある。 4.肺高血圧による右心不全のある患者[心機能が抑制され、症状を悪化させる恐れがある]。

11
625mg又は更に低用量から開始し、忍容性を基に患者毎に維持量を設定する。 なお,年齢,症状により適宜増減する。

ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「テバ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フマル 酸 ビソプロロール

また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えない。

8
眼: 頻度不明 霧視、涙液分泌減少。 2.特発性低血糖症、コントロール不十分な糖尿病、長期間絶食状態の患者[低血糖の前駆症状である頻脈等の交感神経系反応をマスクしやすいので血糖値に注意する]。