源氏 物語 車 争 ひ 現代 語 訳。 平家物語 八(第四)

高校の宿題で源氏物語の「車争ひ」を読んでくるのがあります。い...

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

顔がきれいな上に心までも並みの人に違ってでき上がっているのだね」 とおほめになるのを、若い女房らは笑っていた。 そして、葵上の姿を見ると、嫉妬に駆られ、後妻打ち(うわなりうち)〔妻が若い妾(めかけ)を憎んで打つこと〕で、葵上の魂を抜き取ろうとします。

15
個人として使用することは問題ありませんが、プリントした演目STORY PAPERを無断で配布したり、出版することは著作権法によって禁止されています。

平家物語 八(第四)

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

これからは手紙の往復もいっそう困難になることであろうと思うと、若君の心は暗くなっていった。 おん目もと。

14
わずかに見える袖口、裳の裾、汗衫など、衣服の色合いがたいそう美しくて、わざと地味で目立たないようにしている様子がはっきりと分かる車が二両ある。 あなたがたはいくら何だっても、こうなれと望んだわけではないだろう」 と大臣が言うと、乳母たちは、大宮のそう取られておいでになることをお気の毒に思いながらも、また自家のあかりが立ててもらえたようにうれしく思った。

「車争」に関するQ&A

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

「さようでございますとも、大納言家への聞こえということも私たちは思っているのでございますもの、どんなに人柄がごりっぱでも、ただの御縁におつきになることなどを私たちは希望申し上げるわけはございません」 と言う。

5
「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 【主な登場人物】 大将殿=光源氏。 且 ツ相如 ハ素賤人 ナリ。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 梅が枝

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

「入道の中宮様は最上の貴婦人らしい品のある字をお書きになったが、弱い所があって、はなやかな気分はない。 女房たちが、 「さあ、さあ」 と騒ぎ出すと、雲井の雁は恐ろしがってふるえ出す。

この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどちらかである。

源氏物語絵巻

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

そこへいっそうの御満足を加えるように源氏の若君が来た。 「すべてのことは昔より悪くなっていく末世ではあっても、仮名の字だけは、どこまでおもしろくなっていくかと思われるほど、近ごろのほうがよくなった。

5
クセ「つらき ものには さすがに思ひ果て給はず 遥 けき野の宮に分け入り給ふ御心 いと 物あはれなりけりや 秋の花みな衰へて 虫の声もかれがれに松吹く風の響まで もさびしき 道すがら 秋の哀しみも果な し かくて君こゝに 詣でさせ給ひつゝ 情をかけて様々の言葉の露も色々の 御心の内ぞあはれなる。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 乙女

ひ 争 語 車 現代 訳 源氏 物語

夜も昼もおかわいがりにばかりなって、いつまでも幼児であるように宮はお扱いになるのであったから、そこでは勉学ができないであろうと源氏が認めて、学問所を別にして若君を入れたわけである。

18
これまでもこんな役をしてはいつも家庭でしかられるのであったがと迷惑に思うのであるが、ぜひ持ってやらせたそうである若君が気の毒で、その子は家へ持って帰った。