窮鼠 は チーズ の 夢 を 見る dvd。 窮鼠はチーズの夢を見る : 作品情報

大倉忠義(関ジャニ∞)×成田凌|映画『窮鼠はチーズの夢を見る』Blu

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

1chサラウンド オリジナル音声方式 /dtsHD Master Audioステレオ オリジナル音声方式• 特典映像には、大倉、成田、行定監督が登壇した夏休み限定イベント、公開記念舞台あいさつの模様をはじめ、撮影当時のメイキングやキャストインタビュー、さらに未公開シーンに新撮の監督インタビューを織り交ぜた、作品の背景を存分に堪能できる『窮鼠はチーズの夢を見る』バックストーリーなど94分におよぶ映像を収録した。 概要 [ ] 妻もいる者サラリーマン・大伴恭一と、彼を想う大学時代の後輩で・今ヶ瀬渉の触れ合いを濃密に描いた漫画作品。 知佳子から浮気調査の依頼を受けたことをきっかけに、長年の想いをぶつける。

19
洋題: KYUUSO HA CHEESE NO YUME WO MIRU GOUKA BAN 』(19)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌。

楽天ブックス: 窮鼠はチーズの夢を見る 豪華版【Blu

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

俎上の鯉は二度跳ねる(そじょうのこいはにどはねる)- モバフラにて全9回配信 所収 [ ]• 撮影:• もちろんBL作品としての期待はあるでしょう。

8
恭一は今ヶ瀬への恋情をくすぶらせながらも、彼との日々は「同性愛者のまねごと」をしていただけと思い、たまきとの生活に安らぎを感じていた。 JANコード: 4582515770662• 当時は、かなりのヒットメーカーで期待も大きかったのですが、なぜか作風が独特なものになって行き、それ以降は残念ながら、たまにしか「見て良かった」と思える作品に出会えない状況でした。

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)評価ネタバレ!濡れ場シーンの感想は?原作よりすごいって本当?|movie

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

言語: 日本語 オリジナル言語 /日本語 オリジナル言語• これは、胸が苦しくなるほど誰かを愛したあなたへ贈る、忘れられない恋の物語。 主人公の大伴恭一を演じるのは、映画では『100 回泣くこと』(13)に続き、単独主演を務める大倉忠義。

2
原作は、人を好きになることの喜びや痛みを限りなく純粋に描き、圧倒的な共感を得る心理描写で多くの女性読者から支持を受けている水城せとな氏の傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」。

窮鼠はチーズの夢を見る : 作品情報

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

黒猫、月を見る(くろねこ、つきをみる)- 描き下ろし• 照明:松本憲人• 今ヶ瀬との別れから半年、恭一とたまきは同棲し、近いうちにたまきの親に挨拶し結婚する段取りであった。 初出一覧 [ ]• 好きになってはいけないと頭ではわかりながらも、どうしようもなく惹かれてしまう葛藤や強い嫉妬心…それらの複雑な感情を、痛いほどリアルに、時に涙が出るほど美しくスクリーンに焼き付けている。 そして、恭一は今ヶ瀬との2人の時間が次第に心地よくなっていく。

8
黒猫、あくびをする(くろねこ、あくびをする)- 描き下ろし• 柳田 やなぎだ 声: 恭一の会社の常務。

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)評価ネタバレ!濡れ場シーンの感想は?原作よりすごいって本当?|movie

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

題材から万人受けする作品とも思いませんが、出来の良い映画であることは間違いないと思います。

特典映像には、大伴恭一役の 、今ヶ瀬渉役の 、 監督が登壇したイベントの映像のほか、 撮影当時のメイキングやキャストインタビューなどを収録。

大倉忠義×成田凌出演『窮鼠はチーズの夢を見る』未公開映像が公開 再会シーンの“その後”描く:紀伊民報AGARA

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

R指定: R-15• 新作描き下ろし「黒猫、海へ行く(前編)」を収録• 同性愛も異性愛も同じように誰かを愛し想うこととして、純粋に言葉と身体でぶつかり合うものだ…そんな風に表現されているのでしょう。

13
色彩: カラー• 優しいけれど自分にはなにも要求せず関心を持ってくれない恭一に冷め、愛情からではなく離婚を有利にするための材料探しとして不倫調査を今ヶ瀬に依頼した。

楽天ブックス: 窮鼠はチーズの夢を見る 豪華版

Dvd 見る の は を チーズ 窮鼠 夢

徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。

7
」のドラマーほな・いこか。 好きになってはいけないと頭でわかりながらも、どうしようもなく惹かれてしまう葛藤や強い嫉妬心… それらの複雑な感情を、痛いほどリアルに、時に涙がでるほど美しくスクリーンに焼き付けている。