コロナ収束して欲しくない。 国会クラスター「Zoom」で回避案浮上! 識者「コロナ収束までに限定で試みてもいい」

新型コロナ「今後も収束することはない」と医師が主張するワケ

コロナ収束して欲しくない

挙動のつかめないコロナは仏か。 自然感染やワクチンで最大6割の人が免疫を持てば、集団免疫が獲得できるとしている。 欧米で当初報告された致死率は軒並み10~12%以上で低いと言われたドイツで3%(一方、日本の致死率は5月9日現在の統計から計算すると3. 今年の夏が最後の頑張りどころになるというシナリオを前提に考えると、ここで折れてしまってはもったいないということなのです。

5
勝田教授は「先手先手で大きめの網をかけなければ、ウイルスが広がった際に手遅れとなり対処できなくなる」と警鐘を鳴らす。

新型コロナが収束しない中、災害が起きたら。避難はどうなる?準備すべきものは?

コロナ収束して欲しくない

そのような人は政府が今までと違う方法をとったとしても、結果が上手くいかなかったらその方法も批判するでしょう。 新型コロナとは、これからずっと共存していくしかない 新型コロナウイルスでまず大事なことは、このウイルスの「封じ込め」ができるかどうかということ。 新奇な言葉は、上滑りしなければ衝撃と訴求力を喚起する。

気温の高い夏は新型コロナが勢力を落とすのです。 逆にやっつけられて増殖できなくなり、次々に他の人の体にうつる =感染拡大 ことも難しくなるのです。

「コロナの本当の収束」想定しうる妥当シナリオ

コロナ収束して欲しくない

大橋順・東京大准教授(集団遺伝学)は「感染拡大が続けば、まだまだヒトに感染しやすくなるように変異していくと考えられる。 ウイルスに感染しても、免疫が産生されない、または短期間で免疫が減弱してしまう場合、集団免疫は獲得できない。 ワクチンと自然感染である。

ヤジによる感染拡大の不安もなくなる。 そのため、この戦略では重症化や感染爆発をいかに抑えるかが肝要だろう。

新型コロナの収束の仕方、終息の仕方、集団免疫の意味

コロナ収束して欲しくない

特に今年1月は東京の逼迫率が高く、入院を必要とする患者の数が病床数を上回り、高齢者で発熱した陽性患者が入院を断られるケースが出てくるところまで事態は悪化しました。 新型コロナがどのように収束するか?終息するか? について説明します。

「収束」を他動詞、「終息」を自動詞とするものもあるが、実態はそれほど厳密ではない。 ある特定の集団の中で接種した人が増えれば、そこで感染が拡大しにくくなる「集団免疫」ができる可能性がある。

新型コロナの収束シナリオとその後の世界(3)収束まで「3年から5年」が現実か:日経バイオテクONLINE

コロナ収束して欲しくない

その場合、自然感染によって集団免疫を獲得するシナリオにシフトすることになる。 その上で3つのシナリオを提示したい。 ですからこの新しい生活様式を続けているうちは抗体ができない。

1
避難所に行く場合の持ち物として「マスク、体温計、水・食料、薬、消毒液等の衛生用品」を挙げている。 非常にいい提案で、コロナが収束するまでに限定して、与野党で協議し、試みてもいいのではないか」と語っている。

国会クラスター「Zoom」で回避案浮上! 識者「コロナ収束までに限定で試みてもいい」

コロナ収束して欲しくない

観光目的の入国を認める場合も、個人旅行は行動歴を把握しにくいため、団体旅行は認めても個人旅行には制限をかけることなどを推奨する。

12
短期間に大人数が新型コロナにかかる 感染する と、その分重症化する人が 短期間で 急増するリスクも出てくるからです。 いわゆる業務用の未来予測を30年にわたり担当してきたのです。

新型コロナの収束シナリオとその後の世界(3)収束まで「3年から5年」が現実か:日経バイオテクONLINE

コロナ収束して欲しくない

柳教授は「感染を防ぐ生活様式や環境を、いかに早急に確立させるかが大事だ。 そもそも経営コンサルタントとして策定した未来予測シナリオですから、経済に使っていただかなくては意味がないと思うのです。

16
双方共に軽症患者の重症化予防に寄与し、重症患者の割合を相対的に減らすことが可能となるため、感染が拡大しても医療資源に余裕ができることになる。 私は未来予測を専門とする経営評論家ですが、そもそもは経営戦略コンサルタントとしてクライアント企業の未来の経営環境を予測することからスキルを磨いてきました。

コロナでも「通勤者減らない」日本の残念な事情

コロナ収束して欲しくない

重症化(中等症以上)するのは(感染した人の)2割ぐらいといわれており、亡くなるのは(感染した人の)1%ぐらいと思われるが、この割合が正しいかどうかは後になってもっとはっきりしてくるものと思われる。 COVID-19の収束シナリオとその後の社会、経済について分析する寄稿の第3回目は、具体的な3つのシナリオについて触れたい。 分かるようで分からない「ソーシャル・ディスタンス」(social distance)の訳語、「社会的距離」である。

5
「社交的距離」、あるいは「対人距離」くらいだろうか。 また、前回述べた通りワクチン開発には安全性の問題やウイルスの変異による効果減弱化の懸念がある。