ラクロス 女子 日本 代表。 2019年度女子19歳以下日本代表 選手リスト(2019年5月13日現在)

チーム・選手|15人制女子日本代表|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

日本 代表 女子 ラクロス

何とかして目立ってやろう、というくらいのマインドでいいんです。

16
プロラクロスプレイヤーとの二足の草鞋を踏んでいる。 そんな経験を今の選手の1人でも多くの人にして欲しい、それが恩返しに繋がるのではないかと考え、コーチをさせて頂くことを決意しました。

チーム・選手|15人制女子日本代表|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

日本 代表 女子 ラクロス

9月にプロ宣言、日本初のプロラクロス選手となる。 「将来、日本を引っ張っていくような選手になりたいんです。 4@東京・江戸川区) 1996年度・男子19歳以下日本代 表 () 第3回ILFユース世界選手権(男子19歳以下) 5位 (1996. 2014年 全日本クラブ選手権「NLC SCHERZO」 優勝 海外• ASPACは、その布石となるはずだ。

といってくれる後輩がいたり、 写真を見てテーピングが増えてるけど怪我大丈夫?と体をいたわってくれる仲間がいたり、 全く知らない方からの頑張れ!のメッセージや、 活動期間中色々な面で支えてくれる親や、 チームの大事な時期にチームを抜けてしまう事に嫌な顔せずチームのことは任せて。

山田幸代

日本 代表 女子 ラクロス

8~14@オーストラリア・メルボルン) 第9回ILF男子世界選手権大会 5位 (2002. 21年の目標は世界トップ5入り。

11
アタックのなかで1番、点を取って、私がオフェンスを引っ張っていけたらいいなと思います。

【女子ラクロスU19日本代表コーチ・スタッフ紹介】アシスタントコーチ|小西那奈さん ーNana Konishiー

日本 代表 女子 ラクロス

20~30@イギリス・マンチェスター) 1993年度・女子日本代 表 () 第4回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (1993. 9@オーストラリア・メルボルン) 第6回APLUアジアパシフィック選手権大会 男子優勝 (2013. 、、、、、、など 新聞・雑誌・ウェブサイト [ ]• 4~11@カナダ・ピーターボロー) 第3回APLUアジアパシフィック大会(ASPAC2007) 2位 (2007. 2013年~2017 年 京都産業大学でのゲスト講師としての授業(4回)• ラクロスWORLD CROSSE in JAPAN()• 2008年 3~9月 オーストラリアリーグの強豪「Wilderness」に加入、リーグ戦2位(プレーオフ進出)、MOM(マンオブザマッチ)を2度受賞• 女子DSの井川裕之ヘッドコーチは、国際親善試合、強化合宿の成果を実感している。 。

1
( 、)• 24~30) *選手リスト・チームスタッフリスト(掲載準備中) 2017年度・女子日本代表 第10回FIL女子ワールドカップ 9位 (2017. 現役時代、12人制で19歳以下日本代表で、世界大会を経験している宮沢明日香アシスタントコーチも、その点を強調していた。 2007年 ハワイトーナメント 大会優秀選手(アメリカのクラブに一時加入)• 守備の際にスティック2本分の間合いで待っていた場面も、1本分になった。

2017年度女子日本代表 代表選手リスト(2017年5月7日現在・写真追加)

日本 代表 女子 ラクロス

2010年 3~9月 オーストラリアリーグ「Wilderness」に加入(リーグ年間オールスターチーム選出、南オーストラリア州代表チーム選出)、オーストラリアリーグ Wildernessリーグ準優勝に貢 献、オーストラリアリーグオールスターチーム選手、オーストラリア代表候補に選出(2012 年 12 月まで) 選手登録をオーストラリアに変更• 3~8@ニュージーランド・オークランド) 第5回FIL女子19歳以下世界選手権大会 7位 (2011. 2011年 全豪チャンピオンシップ 大会ベスト10選出、南オーストラリアリーグ リーグ年間MVP、南オーストラリアリーグ リーグ年間ベスト10、南オーストラリアリーグ チーム年間MVP• スポマガ()• 進学後、友人に勧められラクロスを始め 、1年でU-20日本代表、2年でA代表に選ばれる。 女子は2017年の世界大会後にDS活動を開始して、今年で2年目。

16
(TBS)• (フジテレビ)• 2001年 京都産業大学経営学部入学 女子ラクロス部に入部、関西ユース代表、 U20日本代表に選出• と背中を押してくれる先輩やチームメイトがいたり、 一言でも、想ってくださるだけでも、 特に連戦が続く終盤戦。

過去の代表活動

日本 代表 女子 ラクロス

ラグビー協会 HP Brave Blossoms の軌跡• 4月@イングランド、ウェールズ) 第4回IFWLA女子19歳以下世界大会 5位 (2007. 2015 年~現在 毎年 2 月 サンフラワーカップ(現 CrossCrosseCup)開催@日本各地 執筆活動 [ ]• 2011 年~現在 毎年 3 月 山田幸代と行くオーストラリアツアー開催@Adelaide• 2008年、オーストラリアの強豪「Wilderness」に加入。

18
6月@東京) 第9回FIL女子ラクロスワールドカップ 9位 (7勝1敗) (2013. 本当に感謝申し上げます。

2019年度女子19歳以下日本代表 選手リスト(2019年5月13日現在)

日本 代表 女子 ラクロス

2017年オーストラリア代表としてワールドカップに出場。

6
未来の作り方()• 9@東京・江戸川区) 第10回ILF男子世界選手権大会 6位 (2006. 17~23@ドイツ・ベルリン) 第6回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (2001. 16~21@韓国・水原市) 第4回APLUアジアパシフィック大会(ASPAC) 女子1位 (2009. フィールドプレーヤーが2人減り、試合時間が伸びたことで、一人ひとりの運動量の負担は大きくなる。 20~30月@ポーランド・ヴロツワフ) 2017年度・男子日本代表 2017ALA MAVERIK CHALLENGE 優勝 (2017. 選手たちに求めるのは、結果よりも内容。