パブリック コメント と は。 パブリックコメント

パブリック・コメント

は と パブリック コメント

命令等の案の公示や結果の公示は、電子政府の総合窓口(e-Gov=イーガブ)()を用いて行う。 パブリックコメントによる政府案修正事例 [ ]• 意見公募手続の意。

19
においては「 意見公募手続」という語が用いられている。 命令等制定機関は、意見提出期間内に命令等制定機関に提出された命令等の案についての意見を十分に考慮しなければならない。

パブリックコメントとは

は と パブリック コメント

パブリック・コメント(意見提出手続) パブリック・コメントとは、市民生活に重要な政策等の策定に際して、その案や関連資料などを事前に公表して、市民の皆さんからの意見を募集するものです。 をご覧下さい。

9
平成27年度実施分• 意見提出期間は、命令等の案の公示の日から起算して30日以上でなければならない。 をご覧下さい。

令和2年度県民の意見提出手続(パブリックコメント)

は と パブリック コメント

他の法令の制定又は改廃に伴い当然必要とされる規定の整理その他の意見公募手続を実施することを要しない軽微な変更として政令で定めるものを内容とする命令等を定めようとするとき。

6
また、命令等を定めた後においても必要に応じて当該命令等の内容について検討を加え、その適正を確保するよう努めなければならない。

総務省|行政手続|意見公募手続の概要

は と パブリック コメント

法律の規定に基づき施設、区間、地域その他これらに類するものを指定する命令又は規則• 通常は各省庁のホームページや電子政府総合窓口(e-Gov イーガブ ウェブサイト)で意見公募案件が公示される。

12
をご覧下さい。 【公示の方法(第45条)】• (平成15年7月9日から実施しています。

パブリックコメントとは

は と パブリック コメント

地方自治体 [ ] 上記の行政手続法の定めは(都道府県および市町村)には適用されない(3項)が、同法46条の努力規定により、・要綱等により同種の制度を設けているところも多い。

11
【提出意見の考慮(第42条)】• これは平成17年6月の行政手続法の改正により新設された手続です。

パブリックコメント

は と パブリック コメント

日本における概要 [ ] 導入によって、一般的に制度化された。 平成26年度実施分• パブコメともいう。

8
【東京】2014年4月19日付 [ ] 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 提出期間は、原則として案の公示日から起算して30日以上とされる。

吹田市|パブリックコメント

は と パブリック コメント

)が命令等を定める場合には、当該命令等がこれを定める根拠となる法令の趣旨に適合するものになるようにしなければならない。 法律の規定により、等の議を経て定めることとされている命令等であって、相反する利害を有する者の間の利害の調整を目的として、法律又は政令の規定により、これらの者及び公益をそれぞれ代表する委員をもって組織される委員会等において審議を行うこととされているものとして政令で定める命令等を定めようとするとき。

国の法制化を受け、地方自治体でも同様の仕組みを取り入れる動きが徐々に広がっている。

パブリックコメント|警察庁Webサイト

は と パブリック コメント

実施結果 令和2年度実施分• 提出意見(提出意見がなかった場合にあっては、その旨)• なお、お寄せいただいたご意見に対しては、個別の回答は行いませんが、お寄せいただいたご意見とそれに対する市の考え方を、ホームページ等で公表します。 平成28年度実施分• 命令等の案の公示の日• 命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定めた場合には、当該命令等の公布と同時期に、(1)命令等の題名、(2)命令等の案の公示日、(3)提出意見、(4)提出意見を考慮した結果及びその理由、を公示しなければならない。 意見の公募(・) 意見公募手続を実施して命令等を定めるに当たっては、必要に応じ、当該意見公募手続の実施について周知するよう努めるとともに、当該意見公募手続の実施に関連する情報の提供に努めるものとする。

17
命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合には、当該命令等の案等をあらかじめ公示し、意見提出期間を定めて広く一般の意見を求めなければならない。